12時までのご注文で即日発送いたします。

焼き方

さば開きをグリルで焼いてみました。

さばの開きを焼いてみました


サバの開きは大きいので、「どうやって焼くの?」と言われますが、普通に焼いて下さい。

我が家のIHグリルでは 12分で焼けます。

干物の焼き時間は重さではなく、干し加減で大きく変わります。
しっかり水分が約70%になるまで干してあるので焼き時間は短いです。

さばの開きを焼いてみる-1 開きサバ(300g)です。


さばの開きを焼いてみる-2 でかいです。グリルギリギリの大きさです。


さばの開きを焼いてみる-3 約12分でこんな感じです。美味しそうに焼けました。


さばの開きを焼いてみる-4 皮面もこんな感じです。
目の感じで判断すると、ノドグロのような脂の多い魚なら、もうちょっと焼いても良い感じですが、
開きサバならコレでちょうど良い感じです。

さばの開きを焼いてみる-5 では試食です。
私のオススメは 1枚で 2回楽しむ食べ方です。


さばの開きを焼いてみる-61回目

サバの開きは 塩加減がちょうど良く 優しい味なので まずは そのまま食べます。

干物なので、塩さばと比べて食感が良いです。適度な歯ごたえをもった、小気味よい食感です。


さばの開きを焼いてみる-8 たれ

2回目
ショウガを入れた だし醤油(めんつゆに使う甘い醤油です。)に、それにつけて食べます。
※チューブの「おろし生姜」でも良いですし、お寿司に付いてくる「ガリ」でも良いです。


さばの開きを焼いてみる-71尾が、約300gもあるので、お一人なら半分で十分だと思います。
 残り半分は冷凍庫にしまって、またお好きな時に食べるのがオススメです。



焼き方をもっと調べる


カレンダー
  • 今日
  • 店休日
  • 発送業務のみ

店長のご挨拶

365日干物を食べる男。
店長 齋藤(85kg)です。
徹底したこだわりの干物を、お届けいたします。
店長ごあいさつはこちら >>

『美味しい焼き方』をメルマガでご案内してます。
下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ