12時までのご注文で即日発送いたします。

フライパンでの美味しい焼き方

沖ギスをフライパンで焼いてみました。

沖ギスをフライパンで焼いてみました_ヘッダー

沖ギスをフライパンで焼いてみました_方焼き上がりの写真

 

沖ギスをフライパンで焼いてみました__頭を切る前の沖ギス

沖ぎすです。

見た目からは想像できない甘くて深いうま味。

そして食感がくせになる干物です。

洗うのが簡単なフライパンで調理してみました。

沖ギスをフライパンで焼いてみました__片面 約2分焼きます。

フライパンに約2分余熱を入れておきます。

フライパンで沖ぎすを焼く場合は、頭とハラをとっておく事をオススメします。


そのまま焼くとエライ事になります。

沖ギスをフライパンで焼いてみました__頭が取ってあるので火の通り具合が目で確認できるのでカンタンです。

お酒を入れて蒸し焼きにします。

面 2分を目安に焼きます。

沖ギスをフライパンで焼いてみました__頭が取ってあるので火の通り具合が目で確認できるのでカンタンです。

全体的に火が通って白っぽくなりました。

フライパンは火の通り具合が分かりやすいので楽ですね。

ひっくり返し、同じく2分間蒸し焼きにして完成です。

沖ギスの試食

まず見た目。
蒸し焼きなので、グリルで焼くより綺麗に仕上がってます。

身質も、柔らかく仕上がってます。
※冷めてから食べる時には良いかもしれません。

肝心の味です、、、、

グリルで焼くとうまさが凝縮した味ですが、、、、

フライパンだと、味が少しぼやけます。
しかし、良く言うと、さっぱりした味なので飽きずに食べれれます。

味がぼやけた分、日本酒にも合うかも知れませんね。
※通常沖ぎすは味が濃いいので、日本酒と一緒に食べるとケンカします。

少し違う楽しみ方もできるので、ありだと思います。

グリルに比べ料理時間も短いし、洗いが楽ですしね。

今日もごちそうさまでした。



焼き方をもっと調べる


カレンダー
  • 今日
  • 店休日
  • 発送業務のみ

店長のご挨拶

365日干物を食べる男。
店長 齋藤(85kg)です。
徹底したこだわりの干物を、お届けいたします。
店長ごあいさつはこちら >>

『美味しい焼き方』をメルマガでご案内してます。
下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ