12時までのご注文で即日発送いたします。

その他の美味しい干物の食べ方

鯛めしの作り方(開けた時にテンション上がる編)

鯛めし_完成

鯛めしの作り方(開けた時にテンション上がる編)

連子鯛丸干しを使って鯛めしが作れます。

すでに加工してある、一夜干しなので簡単に作れ、美味しいので、お子様と一緒に作るのもオススメです。

材料:お米   ・・・・・・・・・・・・   3合連子鯛丸干し200g ・・・・・・ 1尾薄口醤油 ・・・・・・・・・・・・・  大さじ1.5みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 大さじ1.5

お酒 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 大さじ1.5

1.まずは連子鯛丸干しを焼きます。

ここでは、臭みをとる事が目的です。

強火で焼いて、表面に焦げ目を付けて下さい。

中まで火を通さなくてもイイです。

鯛めし_焼く前

2.お米の下準備

次に ご飯です。

まずはお米を磨いで、水に浸します。

夏場ならに30分。冬場なら1時間が目安です。

浸し終わったら一度お米をざるにあげ、水を切って、鍋に入れ、水を600cc。

薄口醤油・みりん・お酒 を 各大さじ1.5入れます。

あれば、昆布を入れて下さい。
※後で分かりますが、ダシ以外の役割がもう1つあります。

鯛めし_炊く前_昆布

3.表面だけ焼いた連子鯛丸干しを入れます。

鯛は漬け置きするとくさみが出るので、鯛を入れたらすぐに炊きます。

炊飯ジャーなら炊飯ボタンを押して下さい。

鯛めし_炊く前

4.さあ、炊きましょう!

ふたをして、約10分 中火にかけます。

今回はガラス蓋なので沸騰した事が分かりますが、慣れないうちや不安な場合はフタをあけて確かめても問題ないです。

鯛めし_炊き始め

5.沸騰が確認できたら 弱火にして 15分炊きます
(写真のように湯気がでた感じで15分です。)

15分経って、水分がまだ残ってブクブクしていたら、弱火のまま、水がなくなるまで火にかけてください。

※『赤子泣いてもフタとるな』と言いますが、フタをあけて確認しても少しくらいなら大丈夫です。

最後に、火を止めて、フタをしたまま10分蒸らします。

鯛めし_沸騰

6.では、フタをあけて下さい。

ここが見せ場です。

じゃーん。この瞬間がたまりません。

見せ場の次は、実はここからが山場です。
一度、鯛を土鍋から取り出します。

※この時、下に昆布がしいてあると、昆布をつまんで担架の様に取り出せるので、楽です。

鯛めし_炊きあがり

身だけとって、鍋に戻します。

鯛めし_身をほぐします。

鍋に戻して身とご飯を混ぜれば完成です。

鯛めし_一膳

カレンダー
  • 今日
  • 店休日
  • 発送業務のみ

店長のご挨拶

365日干物を食べる男。
店長 齋藤(85kg)です。
徹底したこだわりの干物を、お届けいたします。
店長ごあいさつはこちら >>

『美味しい焼き方』をメルマガでご案内してます。
下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ