12時までのご注文で即日発送いたします。

炭火での美味しい焼き方

エテガレイの干物を七輪で焼いてみる

カレイを七輪で焼く

なんだかんだ言って、七輪で焼く干物は美味い!!
準備する時間も焼いている時間もまた楽しいです!!

今回はエテガレイの干物を七輪で焼いてみました。

ポイントとしては、、、、

●焼き上がり時間は ガス・IHなどに比べると 圧倒的に早いので、”焼く事に集中する。”
※IHやガスグリルであれば、「中火で○○分」と言えるのですが、炭の量・炭のやけ加減によって焼き時間が変わりますので、ここに書いてある時間は参考程度にして下さい。
●短時間で焼く事が大切なので、「干物は解凍してから焼く。」
●「炭は少なめに。」
※多すぎると、炭と干物の距離が近くなりすぎ、干物への温度が高温になるので、焦がすために焼いているようなモノです。干物と炭との距離が15cm位が適量です。

この3つです。

今回は、写真を多く使いご説明したいと思います。

カレイを七輪で焼く

焼きはじめから1分

そんなに見た目は変わりませんが、エンガワの部分が少し色が白く変わってきました。

カレイを七輪で焼く

焼き始めから2分

全体的に干物の身がふっくらしてきました。
また、エンガワの部分だけだった白くなった部分が中心に向かって面積が多くなりました。

焼きはじめから3分後です。

もう、最初と比べて全然違う見た目になりました。
※マウスを写真に合わせて下さい。焼きはじめの写真になります。 焼きはじめと比べ、身がふっくらしている事がご確認いただけると思います。 白い部分が全体の70%になったので、ひっくり返ります。

カレイを七輪で焼く

ひっくり返すとこんな感じ。 干物に美味しそうな焼き目がついてます。

カレイを七輪で焼く

白い面を3分しっかり焼いたので、皮面は1分で十分です。
1分焼くとこんな感じです。

もう少し皮面を焼きたい時は、白い面を2分間焼いた時点でひっくり返し、皮面を2分焼いて下さい。

カレイを七輪で焼く

試食です!!まあ、この写真の通りです。

水分がほどよく抜け 身が立ってます。

また皮もパリッと焼けました。生魚を焼いた時には味わえない、干物の良さが全部出ています。

コレだから時間がかかっても、片付けがめんどくさくても 炭火はやめられません。


焼き方をもっと調べる



カレンダー
  • 今日
  • 店休日
  • 発送業務のみ

店長のご挨拶

365日干物を食べる男。
店長 齋藤(85kg)です。
徹底したこだわりの干物を、お届けいたします。
店長ごあいさつはこちら >>

『美味しい焼き方』をメルマガでご案内してます。
下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ