12時までのご注文で即日発送いたします。

焼き方

かますの干物の焼き方

かますの焼き方

カマスは焼きすぎると堅くなってしまいます。

短時間で強火で焼くのをオススメします。

●強火で焼くためのポイント
1.解凍してから焼く。凍ったままだと時間が長くかかります。また、生焼けの原因でもあります。
2.事前にコンロに余熱を入れておく。

この2点です。さあ、焼いていきましょう!

かますの干物の美味しい焼き方_グリル編_焼きはじめ

海の魚は身の面から焼き始めます。上火のガスグリルなら身の面が上になります。

かますの干物の美味しい焼き方_グリル編7~9分焼きました。

約7~9分焼いてひっくり返します。
※「7~9分」とあいまいに書いたのは、

・コンロに余熱を入れたか?
・魚の温度は常温に近いか?

この2点で時間が変わるからです。

なので、焼き加減は目の色を参考にしてください。
最初、透明だったのが→白濁色になり→完全に白くなればひっくり返す合図です

かますの干物の美味しい焼き方_グリル編_ひっくり返します。

ひっくり返した時点で6~7割日が十手いるので、皮面は短めに5分位焼いて下さい。

開きアジの干物を焼き比べてみる。

約5分後。おいしそうな焦げ目がつけば完成ですが、やはり焼き上がりの目安は目の色です。

完全に白くなれば焼き上がりの合図です

かますの干物の美味しい焼き方_グリル編

短時間で焼く事により、柔らかく焼き上がります。

かますの干物1分前に火を止めて、コンロの余熱で火を通してやる

なれてきたら、1分前に火を止めて、コンロの余熱で火を通してやると更に柔らかく仕上がります。

たとえば、今回は全体で14分かかりましたので、次回も同じような時間で焼けるはずです。

次は13分で火を止めて、1~2分コンロに入れっぱなしで余熱で火を通す。という事です。



焼き方をもっと調べる


カレンダー
  • 今日
  • 店休日
  • 発送業務のみ

店長のご挨拶

365日干物を食べる男。
店長 齋藤(85kg)です。
徹底したこだわりの干物を、お届けいたします。
店長ごあいさつはこちら >>

『美味しい焼き方』をメルマガでご案内してます。
下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ