12時までのご注文で即日発送いたします。
毎月20日は干物の日 ポイント10倍

 

鳥取県大山町鷲見律子さんの天然板わかめ

鷲見律子さん_鳥取県大山町鷲見律子さんの新物板わかめ
名人 鷲見律子さん 板ワカメと言えばこの人!

「この道40年 名産地に名人あり」

鳥取県大山町の鷲見律子さんは板わかめを作って40年。

板わかめといえば鷲見さんと言うくらい、地元じゃ有名な職人さんです。

鳥取県にはたくさんの板ワカメ職人がいますが、鷲見さんの板ワカメが「美味しい」と言われるには理由があります。

 

海から上がったばかりの漁師さん。新鮮なワカメを届けます。
海から上がったばかりの漁師さん。新鮮なワカメを届けます。

白い泡は「うま味成分。」「洗い」の時これが出るのが天然ワカメの証拠。養殖物にはありません。
白い泡は「うま味成分。」「洗い」の時これが出るのが天然ワカメの証拠。養殖物にはありません。

「美味しい天然ワカメは山と海のおかげ」

鷲見さんの住む御来屋(みくりや)海岸は山から栄養たっぷりの水が流れ込む天然ワカメが育つ絶好の場所。

朝5時頃の御来屋海岸にはワカメをとる漁師さんの姿が見られます。そして、朝9時、漁師が朝一番で捕ってきたワカメが鷲見さんの工場に運ばれ、作業開始です。

板ワカメの美味しさは綺麗な海の味

まずは「洗い」の作業。ワカメを冷水で洗います。一見簡単そうな作業ですが、鷲見さんはこの「洗い」の作業が"板ワカメの味を決める命だ。"と言います。

と言うのも、この洗いの作業、ワカメの表面をキレイにするだけでは無く、ワカメに付いた海水を程良く落として、美味しい塩味にする作業なのです。

" 美味しい塩加減を作る見極めのポイントは? "  と尋ねると、

「そんなもん口で言える訳ないよ。まあ、私は若い頃からずーっとやっとるけんね。40年やれば分かるよ。」と笑って答えます。

「干しムラ」が無いように一つ一つ丁寧に並べていきます。_鳥取県大山町鷲見律子さんの新物板わかめ
「干しムラ」が無いように一つ一つ丁寧に並べていきます。

一つ一つが美味しくなるように丁寧な作業

「洗い」が終わると、網の上にワカメを一枚一枚丁寧に並べます。 ひとつ、ひとつが一つ手作業なので、お昼までかかって、約30枚しか作れません。根気のいる大変な作業です。

そして、調味料を加え乾燥器に入れます。
乾燥が始まると工場いっぱいにさわやかな磯の香りが広がります。

袋詰めの一コマ。「良いワカメが出来たで。」と上機嫌です_鳥取県大山町鷲見律子さんの新物板わかめ
袋詰めの一コマ。「良いワカメが出来たで。」と上機嫌です。

一枚の板ワカメに1.5kgの生わかめ

そして、待つ事4時間。鮮やかな緑色の板ワカメの完成です。

70gの板ワカメを作る為に約1.5kgの生ワカメを使用が必要との事。
何とも贅沢です。

そして最後の作業。できたての板ワカメを袋に詰めて完成です。

山陰で唯一の登録商標_鳥取県大山町鷲見律子さんの新物板わかめ
山陰で唯一登録商標の付いた板ワカメです。

山陰で唯一登録商標のわけ

鷲見さんのワカメには登録商標が付いてます。

と言うのも「鷲見律子の板ワカメよく売れる。」と昭和50年、鷲見さんの名前を騙ったニセモノが出回りました。
その様な事件が1度だけではなく3度も起こり、警察沙汰になったほどです。

今となっては鷲見さんのワカメの美味しさを証明する事件だったと笑い話になっていますが、それから鷲見さんのワカメには登録商標が付けられました。

美味しい物を作る職人さんの指です_鳥取県大山町鷲見律子さんの新物板わかめ
太くて短い鷲見さんの指。美味しい物を作る職人さんの指です

食べ方の見本_鳥取県大山町鷲見律子さんの新物板わかめ
自然のご馳走。天然ご飯にのせると磯の香りがいっそうひろがります。

職人の善し悪しは手に出る。

作業が終わり、鷲見さんは一言、
「昔は夜なべもして今の倍の量は作っとたね。」

その手を見ると、40年間の苦労が伺い知れます。ホントに綺麗な手です。頭が下がります。

早速、私も試食してみました。
袋を開けた瞬間に広がる磯の香り。
ご飯にふりかけるとその香りがいっそう食欲をそそります。
そして、新芽らしくサクサクとした歯触り、思わずご飯がすすみます。

山陰の春の美味。楽しんで頂ければ、幸いです。

ちなみに、鷲見律子さんは「すみ りつこ」と読みます。

「わしみ りつこ」と間違われますが、

「鷲見」とかいて「すみ」と読むのは山陰では珍しくない名前です。

 

食べ方の見本_鳥取県大山町鷲見律子さんの新物板わかめ

 

食べ方の見本_鳥取県大山町鷲見律子さんの新物板わかめ

 
商品内容 鷲見律子 板ワカメ(70g)
原材料 ワカメ(鳥取県産)、調味料(アミノ酸等)
賞味期限 平成30年4月
保存方法 直射日光・高温多湿を避け、保存ください。
お召し上がり方 そのまま、ご飯にかけてお召し上がりください。
 

お客様の声

ねむねむ様 投稿日:2017年06月13日
おすすめ度:
先日はご無理を申しましたが快く対応いただきありがとうございました おかげさまで家族中喜んでおいしくいただいております今後ともまたよろしくお願いいたします

お店からのコメント

コメント頂きありがとうございます。
鷲見さんの板わかめは柔らかくて地元でもファンが多い商品です。
今後とも可愛がって頂ければ幸いです。

sachi様 投稿日:2017年04月19日
おすすめ度:
迅速に発送していただき、包装もきちんとされていて、味も絶品でした。
またお願いしたいと思います。

お店からのコメント

コメントありがとうございます。

鷲見さんのわかめはやはり美味しいですよね。
また来シーズンもよろしくお願いします。

pascal様 投稿日:2017年04月18日
おすすめ度:
20年来、毎年楽しみにしています。
暖かいご飯に甘口の板わかめは、最高です。
鷲見さんありがとうございます。

お店からのコメント

コメントありがとうございます。
ホント、食卓に沢山のおかずがあっても、わかめだけでご飯を食べたい気持ちになります。
今年も楽しんで頂ければ幸いです。

もっと見る

鷲見律子 天然板わかめ 70g

価格: ¥1,950 (税込)
[ポイント10倍中 195ポイント~]
数量:
在庫: 1枚

返品についての詳細はこちら

twitter

お客様よりいただいた喜びの声

大阪府 O様

1900年、母方の祖母は米子で生まれました。実家は、K町。

彼女は、その後、東京に出て、あたらしい生活がはじまりました。

関東大震災、東京大空襲を生きのびワタシの母を育てたワケです。
そしてワタシはいわゆる、お婆ちゃん子。

こども心に鮮明に覚えていることのひとつ。

季節になると米子からデッカくて厚くて無骨な板わかめが束になって送られてくる。
母によると、行商のおばさんから買っていた板わかめではなかったのかと。 当時は、炙ってから、でしたね。炙りすぎると茶色くなっちゃう。

祖母の最晩年、ワタシが大学生のとき、お婆ちゃんをお世話する日々がありました。
日本間に布団をふたつ並べて、いまでいう介護、ですね。
で、やつれてもふくよかなお顔のお婆ちゃんは言うのでした。
「わたしはこれがあればなにもいらないよ」。
白い御飯にぱりぱりと、婆さんのソウルフードです。

祖母の死後、あの板わかめはどこから来ていたのか知りたい、とあきらめられなくなりました。
まあ、なにもデータが残っていません。
暗中模索、あの手この手、いきあたりばったり、しかしあの板わかめは遠いところにいるようでした。
ワタシ以外板わかめに引っかかっている東京組はいないのです。

20年、30年、もうあきらめかけて久しいころ、鷲見さんの板わかめを知りました。

記憶にパーフェクトとはいいません。自分の記憶に自信があるわけでもありません。

でもいままでではいちばん記憶にちかい、香り、触感、磯の香、豊かさ。
それが、鷲見さんの板わかめにはありました。荒々しさと繊細さ。

鷲見さん、感謝します。

お婆ちゃん子の夢は還暦前にひと休みです。


大阪府 T様

本日、「板わかめ」が届きました。”これぞ板わかめ”というような姿に感動、一年越しの望みが叶い、今夜食するのが待ち遠しいです。また、同封の「説明書き等」にも感心しました。

幼い頃、東伯郡赤碕町の親戚宅へよく遊びに行き、日本海の海産物をいただき、その記憶が懐かしく思っていた矢先、一年前「鷲見さんの板わかめ」が大阪のテレビ番組で紹介され、入手しようと試みましたが品切れでした。やっと念願が叶います。

滋賀県 T様

一作日板わかめ到着しました。 ありがとうございました。

母は涙を流さんばかりに喜んでおりました。

母は米子近くの出身ですが もうそちらには生家もなく
80歳を過ぎておりますから故郷を訪ねる事もできません。

昨年偶然購入した板わかめで 故郷を懐かしんでおりました。
今年もまたこの 板わかめが食べられるなんて・・・とよろこんでおります。
板わかめのお陰で、食欲も出て、私も喜んでおります。

板わかめと一緒に母の故郷の空気も同梱されていたようです。
ありがとうございました。

また、お願いいたします。

娘が、一つだけ 文句を言いました 「これがあると ご飯、食べ過ぎてしまうから困る・・・(T_T)」。


大阪府 T様

本日、「板わかめ」が届きました。”これぞ板わかめ”というような姿に感動、一年越しの望みが叶い、今夜食するのが待ち遠しいです。また、同封の「説明書き等」にも感心しました。

幼い頃、東伯郡赤碕町の親戚宅へよく遊びに行き、日本海の海産物をいただき、その記憶が懐かしく思っていた矢先、一年前「鷲見さんの板わかめ」が大阪のテレビ番組で紹介され、入手しようと試みましたが品切れでした。やっと念願が叶います。


岐阜県 妹尾様(58才)

前略 私共夫婦は共に米子出身。おいしい海の幸で育ちました。特に板ワカメは 大好き。それも鷲見さんの板わかめの味が好きで、以前に鷲見さんに直接TEL して注文した事もあります。

帰省した際は必ず天満屋により、ヤマサ食品をのぞ き、買って帰ります。 先日、主人が勤務先のホームページに故郷の味として板わかめを紹介しました。 気に入った味の鷲見さんの名前を入れて。 そうしましたら、そのページを見た同僚の先生が東京から注文されたそうです。 どうもヤマサ食品の様です。

後に感想を聞いところ、とてもおいしかったとのこ と。他にも干物を注文されたとか。安心しました。と同時に当然よ。と思いまし た。米子に住んでいる方うらやましいです。鮮魚もおいしいし安いし。私は海に 面してない岐阜県に住んでいますから、主人のページも当分故郷の味の紹介が続 きそうですョ。


大阪府 匿名希望

無事に届きました。待ったかいがあり、とてもおいしく頂きました。
実家の父にも1パックあげたのですが、「うまいなー。ビールのつまみにええわー。」ととても喜んでくれました。

来年は早めに注文させて頂きたいと思っております。
次回、干物のほうも注文させて頂きたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。


岐阜県 妹尾様(58才)

前略 私共夫婦は共に米子出身。おいしい海の幸で育ちました。特に板ワカメは 大好き。それも鷲見さんの板わかめの味が好きで、以前に鷲見さんに直接TEL して注文した事もあります。

帰省した際は必ず天満屋により、ヤマサ食品をのぞ き、買って帰ります。 先日、主人が勤務先のホームページに故郷の味として板わかめを紹介しました。 気に入った味の鷲見さんの名前を入れて。 そうしましたら、そのページを見た同僚の先生が東京から注文されたそうです。 どうもヤマサ食品の様です。

後に感想を聞いところ、とてもおいしかったとのこ と。他にも干物を注文されたとか。安心しました。と同時に当然よ。と思いまし た。米子に住んでいる方うらやましいです。鮮魚もおいしいし安いし。私は海に 面してない岐阜県に住んでいますから、主人のページも当分故郷の味の紹介が続 きそうですョ。

板わかめ。一気に食べてしまう勢いでしたが、ぐっと我慢で少しずつ大事に食べております。今から来年の春が楽しみです。


長谷川八代重様

私は板ワカメを何度も買って、進物用、自宅用で味わっています。名和町の物が一番美味しく頂いてます。


千葉県 T様

 本日受け取りました。

鳥取出身の父への贈り物でした。 板わかめが懐かしいようです。
日本海のお魚も楽しみです。 有難うございました。


大阪府 西川様 25歳

わかめ。びっくりするぐらい海の味がしてとてもおいしいです。さすがにまだ食べきってはないですが、おとうさんにお裾分けすると「懐かしいーー」味だー♪と喜んでました。


東京都 OM様 55歳

初めて板ワカメを食べましたが、とても香りが良く驚きました。また、購入したいと思います。
よろしくお願いします。


米子市 SH様 47歳

板ワカメが大好きで県外に発送を度々しております。


島根県 MK様 70歳

毎年歳暮に使わせて頂いております。 とても好評で喜んでいます。今後ともよろしくお願いいたします。


大分県 H様

板わかめーおいしいです。
島根出身者もいる職場なのでとても喜んでいます


 

板わかめの食べ方
ただ1つ。
細かくしてご飯にかけるだけです。

『味噌汁とかに入れたい!』と言う気持ちがわきますが、それは”市販のわかめちゃん”が良いです。

汁物に板わかめを入れても塩辛くなるだけです。

板わかめの食べ方_板わかめを
これくらいの板わかめを
板わかめの食べ方_ギュッ!として
ギュッ!として、

板わかめの食べ方_こうなったのを。
こうなったのを。↓

板わかめの食べ方_ご飯の上にかけて食べます。
ご飯の上にかけて食べます。それだけです。
だけど美味しいんです♪

板わかめの食べ方_皮・骨を取り除き、身だけを5分くらい から煎りします。

板わかめの食べ方_保管方法
保管方法は海苔と同じで考えて下さい。

密封できる空き缶かタッパーに入れて常温で保管して下さい。

板わかめの食べ方_しけてしまったら?

しけてしまったら、オーブンの余熱で乾燥させて下さい。

オーブンのスイッチを3~4分入れ、スイッチを切り、その余熱で乾燥させます。

強い火で乾燥させると、まあ、焦げます。

余談ですが、山陰の古い家では「しけるまで置いとくのが悪い。早く食べんからだ!」と怒られます。(泣)

包装に関して

 


板わかめは専用の箱に入れてお送りいたします。


一夜干しと一緒にご注文の際は、箱のサイズに合わせて折らせて頂きますので、ご了承下さい。

 

この商品を買った人はこんな商品も見ています。

【完売いたしました】 青木商店 天然板わかめ30g(2017年春どれ)

¥980(税込)

在庫切れ

白するめ(ケンサキイカ) 山陰沖日本海産

¥650(税込)

数量:

干物(上乾)笹かれい(ヤナギカレイ)白蓮干し  山陰沖日本海産

¥540(税込)

数量:

鳥取県大山町御来屋産 いぎす 40g

¥900(税込)

在庫 21 袋

数量:

干物(単品)上乾うるめいわし(めざし・うまる)  山陰沖日本海産(鳥取県・島根県産)

¥540(税込)

在庫 22 袋

数量:

とろろもずく(ぼうずごろし・坊主ごろし)(2017年春どれ)大山町御来屋(みくりや)産

定価: ¥780(税込)

¥630(税込)

在庫 22 個

数量:

名人の干物6種詰合-C ベストギフトアワード金賞受賞!女性自身掲載!【送料無料】 ※北海道・沖縄・東北は送料520円をお願いします

¥4,980(税込)

カレンダー
  • 今日
  • 店休日
  • 発送業務のみ

店長のご挨拶

365日干物を食べる男。
店長 齋藤(85kg)です。
徹底したこだわりの干物を、お届けいたします。
店長ごあいさつはこちら >>

『美味しい焼き方』をメルマガでご案内してます。
下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ