12時までのご注文で即日発送いたします。

焼き方

隠れた逸品沖ギスの楽しみ方

沖ギスの楽しみ方

沖ギス

網で焼くと脂が落ちて煙が上がります。コレがまた良い香りなんです。

沖ギス

うむ。沖ギスならではの凛々しい焼き上がりです。


本当に美味い干物は何本でもいける。

沖ギス 締まった身質・甘い脂。とても美味しい魚ですが、地味な見た目だからなのでしょうか?
いまいちメジャーになれない魚です。

そして、「どうやって食べるの?」と良く聞かれる魚です。


「いまさら?」かも知れませんが、
今回は沖ギスの食べ方をお伝えしたいと思います。

まずは焼きます。

※沖ギスは脂がのっている魚なので、パチパチ音がしたら「焼き上がり」です。

細かい焼き方に関してはコチラをご参照下さい。
http://himono1ba.com/hpgen/HPB/entries/3.html

沖ギス

皮がパンパンになって、美しいです。

沖ギス

箸で食べると時間がかかるので、豪快に手でつまんでも良いと思います。腹の白い部分(内臓)は苦いので私も苦手です。


本当に美味い干物は何本でもいける。

さあ、食べましょう!!

一見イワシのようなので、
 『頭から食べてもイイかも?』と思いますが、
頭から食べるとエライ事になります。ダメです。

頭をとって、身をとります。

ハラ(内蔵)は苦いので、お子様や苦手な方は取り除きましょう。

ただそれだけです。

美味しく食べてやって下さい。

沖ギス

↑ フライパンで焼いてみました。
↓網で焼いた仕上がりです。

沖ギス

本当に美味い干物は何本でもいける。

フライパンでも美味しく焼けます。

網で焼いた時と比べると、見た目は悪いですが、美味しく焼き上がります。

沖ギス

悪く無いです。悪くはないのですが、なにかジューシーさが足りない気がします。


頭と腹をとって焼いてみる

頭と腹を出して食べるのであれば、焼く前にとってしまえばどうなるか?

悪くは無いのですが、もう一つ足りないと言うか、、、
やはり、頭と腹はあったまま焼いた方が良いようです。

沖ギス

油で揚げたら頭がカリッとして美味しく食べられます。

沖ギス

油で揚げてみる

沖ギスは焼いてよし、揚げてよし、(生なら)煮てよしの優秀選手です。

唐揚げ粉でもいいですが、個人的には味のついていない衣が好きなので、いつもは小麦粉をつけています。素揚げでも美味しいです。

沖ギス

約1分 もう一度焼くとサクサクの骨せんべいの完成です。

コレがウマイんです。

沖ギス

冷凍便で 新鮮なまま お届けいたします。

この美味しさを是非ご家庭でお楽しみ下さい。


通(つう)な楽しみ方

まあ、だまされたと思って、骨を少しかじってみて下さい。

キスの骨は美味しいのです。 キスのうま味が凝縮して味わえます。

そのままですと、水分が残っていてキシキシするので、軽く焼いてやるとさらに美味しいです。

 

夜ご飯、沖ギスを焼いてご飯を食べ、骨で晩酌 か お茶。が私の定番です。

 

まあ、そんな事してまで骨を食べたいか?と言う方もいらっしゃいます。しかし、しかし、ウマイものはウマイのです。

高級天ぷら店に行くと、残したエビの尻尾をもう一度揚げて食べさせてくれます。ええ。美味しさは一手間の先にあります。


沖ギスって、すごく美味しいのに、県外では人気の無い魚です。食べず嫌いのアナタ様!!

是非、おつきあいで結構です。一度 沖ギスをお試し下さい。




焼き方をもっと調べる

カレンダー
  • 今日
  • 店休日
  • 発送業務のみ

店長のご挨拶

365日干物を食べる男。
店長 齋藤(85kg)です。
徹底したこだわりの干物を、お届けいたします。
店長ごあいさつはこちら >>

『美味しい焼き方』をメルマガでご案内してます。
下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ