12時までのご注文で即日発送いたします。

ご長寿セット干物6種詰め合わせ-C(のどぐろ・甘鯛)入り 【送料無料】のどぐろ(特大)連子鯛の入ったセット

干物単品ランキング

 

 
 

 



のどぐろ詰合【送料無料】

販売価格:4,980円~

詰め合わせ内容:
■ノドグロ中
(80g~90g・18cm)
■美味しい焼き方のしおり(カラー・A4サイズ)

 
 
FAXでのご注文はこちら
 

この商品の詳細を見る

 


5種詰合-C【送料無料】

販売価格:5,800円

詰め合わせ内容:
■ノドグロ中
(80g~100g・18cm)×2枚
■エテガレイ
(約100~130g・23cm)×2尾
■開きアジ
(約60g・18cm)×2尾
■ハタハタ
(約30~40g)×3~5尾入り
■白イカ
(約120g~・23cm)×1枚
■美味しい焼き方のしおり(カラー・A4サイズ)

 
 
FAXでのご注文はこちら
 

この商品の詳細を見る

 


4種A(のどぐろ特大入り)
【送料無料】

販売価格:7,560円

詰め合わせ内容:
■ノドグロ特大(約250g~)×1枚
■エテガレイ
(約100~130g・23cm)×2~3尾
■開きアジ
(約60g・18cm)×2~3尾
■開きカマス
(約150g~)×2尾入り
■美味しい焼き方のしおり(カラー・A4サイズ)

 
 
FAXでのご注文はこちら
 

この商品の詳細を見る

 


贈り物セットを全部見る


ページのトップに戻る





名人の干物 幸-26尾【送料無料】

販売価格:5,400円

詰め合わせ内容:
■はたはた
(約30~40g)x5~6尾入り
■開きあじ
(約60g・18cm)x2尾
■開き かます
(約150g~・23cm)x2尾
■沖ぎす
(約200g・4~7尾入り)x1袋
■さばみりん干し
(約120g・22cm)x2尾
■うるめいわしx1串(10~12尾)
■美味しい焼き方のしおり(カラー・A4サイズ)

 
 
FAXでのご注文はこちら
 
この商品の詳細を見る



名人の干物 5種-宝【送料無料】 

販売価格:4,980円

詰め合わせ内容:
■エテガレイ
(約100~130g・23cm)x2尾
■ハタハタ
(約30~40g・18cm)x2~4尾入り
■開きアジ
(約60g・18cm)x2~3尾
■白イカ
(約120g~・23cm)x1枚
■連子鯛(約200g)x2尾
■美味しい焼き方のしおり(カラー・A4サイズ)

 
 
FAXでのご注文はこちら
 
この商品の詳細を見る



名人の干物 4種-E【送料無料】 

販売価格:4,320円

詰め合わせ内容:
■エテガレイ
(約100~130g・23cm)×3尾
■開きアジ
(約60g・18cm)×3尾
■ハタハタ
(約30~40g・18cm)×2~4尾入り
■白イカ
(約120g~・23cm)×1枚
■美味しい焼き方のしおり(カラー・A4サイズ)

 
 
FAXでのご注文はこちら
 
この商品の詳細を見る

ご自宅用セットを全部見る


ページのトップに戻る




のどぐろ(アカムツ)干物-中サイズ

販売価格:800円

今、山陰で一番人気がある一夜干しといえばこの のどぐろ です。
一枚食べ終えれば、「もっと食べたい」と思わせる力のある魚です。

FAXでのご注文はこちら

 

この商品の詳細を見る



白いか(ケンサキイカ)の干物 

販売価格:880円~

この白いかがキラキラの透明なのは鮮度のいい証。お刺身に使えるほど新鮮な白イカを使っているのでサク・サクと小気味良い『食感』が味わえます。

 
 
FAXでのご注文はこちら
 
この商品の詳細を見る
 

単品 干物を全部見る

ページのトップに戻る



鷲見律子 天然板わかめ 70g 

販売価格:1950円

板ワカメを作って約40年。板ワカメと言えば「鷲見さん」と言うくらい、テレビ・ラジオでも取り上げられた地元じゃ有名な職人さんの板わかめです。

 
 
FAXでのご注文はこちら
 
この商品の詳細を見る
 


青木商店 板わかめ30g
(2016年新物)

販売価格:980円

板わかめを作ってこの道40年。鷲見さん同様、地元では有名な職人 青木さんが仕上げた逸品です。

 
 
FAXでのご注文はこちら
 
この商品の詳細を見る
 


大山町御来屋(みくりや)産
とろろもずく(2016年物)
 

販売価格:880円

一般的な細もずく(糸もずく)とは全く違う、「ねばり」と「食感」。一度食べたらクセになります。

 
 
FAXでのご注文はこちら
 
この商品の詳細を見る
 

干物 以外の商品を全部見る

ページのトップに戻る



当然すでが、良い魚でないと良い干物は作れません。
良い職人とは良い魚の目利きでもあるわけです。


あまり知られてない事なのですが、山陰地方は東西に長い地形。
同じ時期でも港によって脂のりが違います。


○脂の乗った魚である事。 (季節と港ににこだわる)
○新鮮なうちに加工する事。 (新鮮なうちに加工できる山陰の漁港の魚のみ使用する)

この2つの条件を満たさないと、焼いた時のふっくらした食感、口の中に広がる優しい味になりません。

「刺身で食べてウマイ魚でないとウマイ干物は作れない。」 と職人さんは語ります。

塩は唯一の味付けです。

大量生産の会社ではパートさんが塩入れの作業をしてる事が多いのですが、
「魚の種類」、「大きさ」、「季節」により塩加減は変えなくてはいけません。

「この大事な作業を人任せには出来ない。」と職人さんは語ります。

一切人工的な手を加えていない天然の天日塩にこだわり、エテガレイ、白ハタは
昔ながらの「振り塩」で加工します。

均一に塩を振ることは技術的にも難しく、大量生産には向かない手法ですが、
「ちょっとでも美味しく。」と考える職人さんの意地とこだわりです。

干し加減は数値では表せない職人の経験と勘がモノを言います。

干し時間は、魚の種類よっても変えるのはもちろん、その日の気温、湿度によっても
変えなくてはいけない。と職人さんは語ります。

夜も明けきらない早朝、職人さんの最初の仕事は干し加減を途中経過を確認するため、現場に入ります。

参考程度に気温・湿度計も見ますが、肌で感じる「空気の重さ」で最終的な干し加減を決定します。

そうして作られた、干し加減の良い干物は、優しい、ふっくらした食感になります。

そのような自分の仕事に誇りをもった職人が日本海の荒波で育った最高の素材で仕事をするからこそ、
どこに出しても自慢の干物が出来るのです。

 


ページのトップに戻る


初回限定 干物お試しセット

 

カレンダー
  • 今日
  • 店休日
  • 発送業務のみ

店長のご挨拶

365日干物を食べる男。
店長 齋藤(85kg)です。
徹底したこだわりの干物を、お届けいたします。
店長ごあいさつはこちら >>

『美味しい焼き方』をメルマガでご案内してます。
下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ