12時までのご注文で即日発送いたします。

焼き方

のどぐろ特大サイズ焼いてみました。

のどぐろ特大サイズ焼いてみました

のどぐろ特大サイズ焼いてみました_完成


今回は「特大のどぐろ」 を焼きたいと思います。
個人的には一生に一度は食べておくべき干物だと思いますが、

多くのお客様が、「大きすぎてグリルに入らないのでは?」とか「焼き方が難しいのでは?」とおっしゃいますが、

干物は大きさでは無く、厚みで焼き時間が決まるので、そんな特別に考える事はありません。

厚みはかれい大サイズとほぼ同じなので、いつも干物を焼く火加減で、10分~12分で焼き上がります。

ポイントは2つです。
●焼く前に約20分前から常温に置いておく事。
●火加減・焼き時間は普通の干物と同じ。※慎重になって、弱火で焼くと時間がかかりすぎてパサパサになります。

では、写真を交えてご説明いたします。

のどぐろ特大サイズ焼いてみました_常温におきます。

(大前提として、冷蔵庫で解凍されている状態として、)

焼く20分前に冷蔵庫から取り出し、常温に置いてやります。

大きい干物を焼く時はコレが一番のポイントです。

のどぐろ特大サイズ焼いてみました_焼きはじめ

大きい干物はひっくり返す時に崩れやすいので、両面焼きグリルで焼きたいところですが、ご自宅のグリルが片面焼きなら、ひっくり返す時はフライ返しで返すのをオススメします。

のどぐろ特大サイズ焼いてみました_焼きはじめ2

では焼いていきます。
火加減はいつも通り(中火よりちょっと強い火加減。)です。

今回は撮影のため、皮を上にしましたが、身を上にした方が良いです。(脂が落ちにくいため。)

のどぐろ特大サイズ焼いてみました_焼き上がり

12分後。しっかり焼けました。


のどぐろ特大サイズ焼いてみました

のどぐろ特大サイズ焼いてみました_試食

いや~。何度焼いても、特大のどぐろは迫力があります。

もうね。脂のりが半端じゃないです。

普段100g前後のサイズののどぐろを食べていて、「やっぱ、のどぐろはうまいな~。」と思っているのですが、やはり、300gサイズは圧巻です。

のどぐろ特大サイズ焼いてみました_試食

写真を撮るのを忘れましたが、食べ終わった後の皿に脂の水たまりができます。

まあ、スゴイ魚です。

トリュフ・フォアグラ・キャビア、、、、、世界には美味しいモノがたくさんありますが、それに負けないほど、圧倒されるほどのうま味があります。

是非、是非、是非、一度。

一度だけで良いので食べてみて下さい。

感動します。




こちらからどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓ 

単品 のどぐろ(アカムツ)(特大)
http://himono1ba.com/SHOP/T-NODO-300.html
バレンタイン特集



焼き方をもっと調べる


カレンダー
  • 今日
  • 店休日
  • 発送業務のみ

店長のご挨拶

365日干物を食べる男。
店長 齋藤(85kg)です。
徹底したこだわりの干物を、お届けいたします。
店長ごあいさつはこちら >>

『美味しい焼き方』をメルマガでご案内してます。
下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ