お歳暮特集干物6種詰め合わせ-C(のどぐろ・甘鯛)入り 【送料無料】甘鯛単品ページ

かもじ海苔入荷しました!

 

干物市場ドットコム 齋藤です。
いつもありがとうございます。

 

山陰のお雑煮にには欠かせない【かもじ海苔】 やっと入荷しました!

ご予約頂いているお客様にはすでに発送したら、残りわずかになってしまいました。

 

さて、『かもじ海苔ってなんぞや?』と言う方に、カンタンに説明申し上げます。

 

今年の我が家のお雑煮です。黒くてもじゃもじゃしているのが、かもじ海苔です。
↓ ↓ ↓ ↓ 
お雑煮

 

黒くて細くて長いので、人間の髪に似ているところから「かもじ(今で言うカツラの事です)」の名前がつきました。

島根県出雲市十六島(うっぷるい)地方だけに生える天然の海苔で、写真の通り岩に張り付いたかもじ海苔を漁師さんが剥ぐようにとります。

 お雑煮

江戸時代は『金』と同じ価値で取引をされていたそうで、今でも世界一高い海苔なんです。

オマケに近年の温暖化の影響で、採れる量が少なくなり、高騰しております。

 

なので、『全国の皆さん!ゼヒ 買って下さい!』とは言いにくい商品です。

毎年かもじ海苔を楽しみにされている方、干物と一緒に送れますのでよかったらどうぞ。

https://himono1ba.com/SHOP/T-KAMOJI-20.html
かもじ海苔

 

山陰の干物屋はお歳暮の12月末まで在庫を持って、受け付けてます! 
ご安心下さい。
 https://himono1ba.com/hpgen/HPB/entries/85.html
お歳暮特集

 

●3999円までのお歳暮
https://himono1ba.com/hpgen/HPB/entries/81.html
●4999円まで
https://himono1ba.com/hpgen/HPB/entries/82.html
●5999円まで
https://himono1ba.com/hpgen/HPB/entries/83.html
●9999円まで
https://himono1ba.com/hpgen/HPB/entries/84.html
●10000円以上
https://himono1ba.com/hpgen/HPB/entries/334.html





 

 

追伸:

実は、山陰地方はお雑煮が大きく分けて4パターンあります。
甘いぜんざい・具少なめのすまし汁・具だくさんの関西風・かもじ海苔 この4つです。

山陰地方は東西に長く、江戸時代は、石見・出雲・伯耆・因幡 4つの国があり、それぞれお雑煮があるので、細かく分けると10種類はあると思います。

ウチの嫁さんの実家は鳥取市(因幡国)出身なので、関西風のお雑煮です。
私は米子市(伯耆国)なので、かもじ海苔のお雑煮です。

なので、ウチでは2種類のお雑煮を作って食べています。

良くも悪くも、我が家は【所変われば品変わる】を実感できます。

今回も読んで頂きありがとうございました。

====山陰の旬通信=(2016年12月7日)=========

有限会社ヤマサ食品 齋藤 広道
〒683-0845 鳥取県米子市旗ヶ崎2135
E-mail: info@himono1ba.com
TEL:0859-33-2061 FAX0859-33-2062
●干物市場ドットコム https://himono1ba.com/

====================================
メルマガ変更・解除はこちらからできます:
●会員の方はこちら→https://cart9.shopserve.jp/-/himono1ba.com/login.cgi
※ログインして頂き、【マイページ】 【会員情報の確認・編集】→?【会員情報の変更】
のページにて 『当店からのお知らせメール』 の設定を変更して下さい。
●メルマガ会員の方はこちら→https://himono1ba.com/SHOP/mailmag.html


干物市場ドットコムの贈り物は
高い満足度と高いリピート率が自慢です。
https://himono1ba.com/hpgen/HPB/entries/85.html

ポイント1.全国に自慢できる山陰の美味しい魚を使った一夜干し
  →当店が発送している一夜干しはすべて山陰(鳥取県・島根県)産です。
   海のキレイな山陰の一夜干しだから安心して贈って頂けます。

ポイント2.お急ぎの時でも大丈夫→ご注文から24時間以内の発送を心がけております。
→急な贈り物でもご安心下さい。クレジットカードをお選び頂ければご希望の到着日にお届けします。

ポイント3.ご予算・魚の種類で選べるラインナップ
→希少・豪華な「のどぐろの詰め合わせ」やボリューム満点の「アジの詰合」。どなたにも喜んで頂ける「6種詰め合わせセット」などなど、、、
こだわりの一夜干しだから先様のお好みの魚を贈りたい。と言うお客様のリクエストにお応えします。

ポイント4.お熨斗・ラッピングが丁寧
→贈り物のマナー・知識をしっかり持ってます。 状況に応じた熨斗と包装でお送りします。(無料)

 

 

 
 

 



のどぐろ詰合【送料無料】

販売価格:4,980円~

詰め合わせ内容:
■ノドグロ中
■美味しい焼き方のしおり

 
 
FAXでのご注文はこちら
 

この商品の詳細を見る

 


5種詰合-C【送料無料】

販売価格:5,980円

詰め合わせ内容:
■ノドグロ中×2枚
■エテガレイ×2尾
■開きアジ×2尾
■ハタハタ×3~5尾入り
■白イカ×1枚
■美味しい焼き方のしおり

 
 
FAXでのご注文はこちら
 

この商品の詳細を見る

 


4種A(のどぐろ特大入り)
【送料無料】

販売価格:7,560円

詰め合わせ内容:
■ノドグロ特大(約250g~)×1枚
■エテガレイ×2~3尾
■開きアジ×2~3尾
■開きカマス×2尾入り
■美味しい焼き方のしおり

 
 
FAXでのご注文はこちら
 

この商品の詳細を見る

 


贈り物セットを全部見る


ページのトップに戻る





お誕生日新聞セット-福寿【送料無料】

販売価格:20,000円

詰め合わせ内容:
■ノドグロ特大×2尾
■ノドグロ大×2尾
■エテガレイ×2尾
■連子鯛×2尾~
■笹ガレイ×2尾~
■白イカ×2枚
□お誕生日新聞®(白黒・A3サイズ)
□美味しい焼き方のしおり

 
FAXでのご注文はこちら
 

この商品の詳細を見る

 


名人の干物 5種-宝【送料無料】 

販売価格:4,980円

詰め合わせ内容:
■エテガレイx2尾
■ハタハタx2~4尾入り
■開きアジx2~3尾
■白イカx1枚
■連子鯛x2尾
■美味しい焼き方のしおり

 
 
FAXでのご注文はこちら
 
この商品の詳細を見る



名人の干物 4種-E【送料無料】 

販売価格:3,980円

詰め合わせ内容:
■エテガレイ×3尾
■開きアジ×3尾
■ハタハタ×2~4尾入り
■白イカ×1枚
■美味しい焼き方のしおり

 
 
FAXでのご注文はこちら
 
この商品の詳細を見る

ご自宅用セットを全部見る


ページのトップに戻る




のどぐろ(アカムツ)-大サイズ

販売価格:1480円

大きいサイズのノドグロは脂のり・脂の甘みが圧倒的に違います。

贈り物にはコチラをお勧めいたします。

FAXでのご注文はこちら

 

この商品の詳細を見る


のどぐろ(アカムツ)-中サイズ

販売価格:650円

今、山陰で一番人気がある一夜干しといえばこの のどぐろ です。
一枚食べ終えれば、「もっと食べたい」と思わせる力のある魚です。

FAXでのご注文はこちら

 

この商品の詳細を見る



白いか(ケンサキイカ)の干物 

販売価格:880円~

この白いかがキラキラの透明なのは鮮度のいい証。お刺身に使えるほど新鮮な白イカを使っているのでサク・サクと小気味良い『食感』が味わえます。

 
 
FAXでのご注文はこちら
 
この商品の詳細を見る
 

単品 干物を全部見る

ページのトップに戻る



当然すでが、良い魚でないと良い干物は作れません。
良い職人とは良い魚の目利きでもあるわけです。


あまり知られてない事なのですが、山陰地方は東西に長い地形。
同じ時期でも港によって脂のりが違います。


○脂の乗った魚である事。 (季節と港ににこだわる)
○新鮮なうちに加工する事。 (新鮮なうちに加工できる山陰の漁港の魚のみ使用する)

この2つの条件を満たさないと、焼いた時のふっくらした食感、口の中に広がる優しい味になりません。

「刺身で食べてウマイ魚でないとウマイ干物は作れない。」 と職人さんは語ります。

塩は唯一の味付けです。

大量生産の会社ではパートさんが塩入れの作業をしてる事が多いのですが、
「魚の種類」、「大きさ」、「季節」により塩加減は変えなくてはいけません。

「この大事な作業を人任せには出来ない。」と職人さんは語ります。

一切人工的な手を加えていない天然の天日塩にこだわり、エテガレイ、白ハタは
昔ながらの「振り塩」で加工します。

均一に塩を振ることは技術的にも難しく、大量生産には向かない手法ですが、
「ちょっとでも美味しく。」と考える職人さんの意地とこだわりです。

干し加減は数値では表せない職人の経験と勘がモノを言います。

干し時間は、魚の種類よっても変えるのはもちろん、その日の気温、湿度によっても
変えなくてはいけない。と職人さんは語ります。

夜も明けきらない早朝、職人さんの最初の仕事は干し加減を途中経過を確認するため、現場に入ります。

参考程度に気温・湿度計も見ますが、肌で感じる「空気の重さ」で最終的な干し加減を決定します。

そうして作られた、干し加減の良い干物は、優しい、ふっくらした食感になります。

そのような自分の仕事に誇りをもった職人が日本海の荒波で育った最高の素材で仕事をするからこそ、
どこに出しても自慢の干物が出来るのです。

 


ページのトップに戻る


催事のお知らせ

催事のお知らせ

カレンダー
  • 今日
  • 店休日
  • 発送業務のみ

店長のご挨拶

365日干物を食べる男。
店長 齋藤(85kg)です。
徹底したこだわりの干物を、お届けいたします。
店長ごあいさつはこちら >>

『美味しい焼き方』をメルマガでご案内してます。
下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ