12時までのご注文で即日発送いたします。

焼き方

のどぐろの干物をグリルで焼いてみました。

のどぐろの干物をグリルで焼いてみました。_ヘッダー

普段お客様とお話ししていると、「干物を焼くとつい焼きすぎになるのよ。」とおっしゃるお客様が意外に多いです。
生焼けが怖くてついつい焼きすぎてしまうようですが、干物の目を見れば火が通ったかどうか?判断できます。

のどぐろの干物をグリルで焼いてみました。_焼き上がりの写真


のどぐろの干物をグリルで焼いてみました。_

のどぐろの干物をグリルで焼いてみました。_カンタンにまとめると、、、

1.解凍してから焼いて下さい。
  ※冷凍庫からだして30分もすれば解凍されます。
2.火加減は中火~やや強い中火。

3.焼き時間は10分~12分

4.焼き加減は目の色・ふくらみで判断する。


詳しくは 以下の通りです。

※目の色を見るために今回は両面IHグリルでやいてみました。


のどぐろの干物をグリルで焼いてみました。_詳しい解説

のどぐろの干物をグリルで焼いてみました。_焼きはじめ

海の魚は身の面から焼き始めます。上火のガスグリルなら身の面が上になります。

のどぐろの干物をグリルで焼いてみました。_焼きはじめの目。

焼きはじめの時の目はこんな感じです。

透明感があります。

のどぐろの干物をグリルで焼いてみました。_8分焼いた時の写真

8分焼いた時の途中経過です。

まだ、中まで火は通ってません。

のどぐろの干物をグリルで焼いてみました。_8分焼いた時の目

8分焼いた時の目はこんな感じです。

だんだん濁ってきました。

のどぐろの干物をグリルで焼いてみました。_10分焼いた時の写真

10分焼いた時の写真です。

これで中まで火が通ってます。

ここで、皿にあげるか? もう少し焼くか?好みが分かれる所です。

のどぐろの干物をグリルで焼いてみました。_10分焼いた時の目

10分焼いた時の目はこんな感じです。

完全に白く濁りました。

のどぐろの干物をグリルで焼いてみました。_10分で上げた時の写真。

ここで皿に上げるとこんな感じです。

柔らかく仕上がります。

箸で持つとぷるぷるします。

のどぐろの干物をグリルで焼いてみました。_12分焼いた時の写真

更に2分。合計12分焼くとこんな感じです。

ちょっと身が引き締まったような感じになります。

のどぐろの干物をグリルで焼いてみました。_12分焼いた時の目

12分焼いた時の目はこんな感じです。

全体的にへこんで、目の玉が飛び出した感じです。

のどぐろの干物をグリルで焼いてみました。_12分焼いた時の目2

上から見たらこんな感じです。

のどぐろの干物をグリルで焼いてみました。_試食してみました!

のどぐろの干物をグリルで焼いてみました。_焼き上がりの写真

のどぐろの干物をグリルで焼いてみました。_試食中の写真

しっかり焼けて、弾力があるのに、中はホワホワに仕上がってます。

ノドグロのような脂ののった魚はしっかり焼く方が美味しいです。

今日もごちそうさまでした。



焼き方をもっと調べる


カレンダー
  • 今日
  • 店休日
  • 発送業務のみ

店長のご挨拶

365日干物を食べる男。
店長 齋藤(85kg)です。
徹底したこだわりの干物を、お届けいたします。
店長ごあいさつはこちら >>

『美味しい焼き方』をメルマガでご案内してます。
下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ