12時までのご注文で即日発送いたします。

バレンタイン

2017年 バレンタインギフト

2015年バレンタイン特集

バレンタイン_ハートを持つ女性

バレンタイン_ハートを持つ女性

2月14日はバレンターンデー 

チョコ以外のプレゼントとして「干物」って意外に喜ばれるプレゼントなんです。

日本人で チョコは毎日食べれないけど、干物なら毎日食べれる。という男性が多いからだそうです。

今回は『いろんなものを少量ずつ』楽しんで頂けるように、厳選した山陰の干物の詰め合わせをご用意しました。

開いた魚はハート型にも見えますし、今年は少し変わったバレンタインプレゼントをいかがでしょうか?

●ギフト 人気ランキング(価格別)


4999円までの商品をもっと見てみる。

職場の同僚やお世話になっている方など、多くの方に直接手渡しする場合に便利です。

保険の外交員様やOL様に人気の商品です。

●価格で探す

バレンタインののしに関して

●熨斗の種類

バレンタインののし_感謝
【感謝】全ての年代・(上司・恋人・親子など)どんな関係でも使える書き方です。一番多いです。

バレンタインののし_粗品
【粗品】 比較的ご年配の方がお使いになられます。奥ゆかしいです。

バレンタインののし_愛をこめて
【愛をこめて】かなり攻めた書き方です。あまり使われませんが、ご参考までに、、、、
バレンタインののし_St. Valentine's Day
【St. Valentine's Day】英語を縦書きで書くとこんな座りの悪い感じになります。年に1人はご依頼される方がいらっしゃいます。
のしの種類の選択方法

【ご精算時にのしをお選び下さい】

バレンタインプレゼント用に熨斗をおかけします。
バレンタインなので、特に決まった「表書き」はありませんので、ちょっと変わった熨斗でもイイかも知れません。

メニューにない表書きや連名等、オリジナリティーあふれる熨斗をご希望の場合は通信欄でご指定下さい。

また、『この場合はどの熨斗が良いのだろう?表書きはなんと書くべきか?』
カンタンにまとめました。コチラでご確認下さい。 → 熨斗に関して(別ウィンドウで開きます。)

バレンタインのメッセージカード

●無料でメッセージカードもお付けしております。

ご注文の際、【通信欄】にメッセージをご記入下さい。

バレンタインの包装に関して
包装の選択方法

【ご精算時に包装をお選び下さい】

 ・簡易包装 ・全包装 ・2重包装
をお選びいただけます。 (無料です)

--特にご希望の無いお客様--
「指定無しを」お選び下さい

●包装の種類

1.簡易包装
一番多く使われている包装です。
一般的な贈り物なら、ゴミの少ない簡易包装がオススメです。


2.全包装
目上の方への贈り物、「ちょっと気を使う贈り物」や「ここ一番の贈り物」の時は全包装がオススメです。

3.二重包装
到着後、直接お持ちになるなら、二重包装をお申し付け下さい。
全包装の後、外装紙(茶色い紙)で包装してお送りいたします

バレンタインの梱包に関して
発泡スチロール
干物は「発砲スチロールの冷凍用ボックスにてお送りいたします。
梱包中身
【ふっくらほくほく山陰名産一夜干し】
カラー刷りの魚の焼き方が入っています。
梱包中身


【焼き方のしおり】の内容です。
・基本のグリルの焼き方
・フライパンでの焼き方
・干物を冷凍から焼く時のポイント
・炭火で焼く3つのポイント
・イカの焼き方
・みりん干しの焼き方
・開きアジの炊き込みご飯
・山陰の干物の種類と焼き方

「名人」と呼ばれる職人が作った干物
タイトル
「名人」と呼ばれる職人が作った干物
「名人」と呼ばれる職人が作った干物

当店がご紹介するのは、「名人」と呼ばれる職人が作った干物。

美味しい干物を作る3つの条件の「素材」・「塩加減」・「干し加減」

この3つをきちんと作り出すことのできる経験豊富な職人たちが、昔ながらの手作業で作った最高の逸品です。


「名人」と呼ばれる職人が作った干物

当社に美味しい干物が集まる理由は、当社が江戸時代から続く「老舗」 と言う事も有りますが、私どもは単に干物を仕入れて売るだけではなく干物の目利きのプロとして一貫して手作りのおいしい商品にこだわり 続けてきたからこそ、お客様の信用を頂くことが出来ているのだと思っています。

「豊かなで綺麗な日本海の魚だけ使用


山陰沖日本海は世界的に見ても特殊な海域。1つの海域に2つの特徴を持ちます。


「名人」と呼ばれる職人が作った干物

海表面(0m)から水深100mまでの表層では、大和堆(やまとたい)や隠岐諸島、大山の火山岩からなる天然礁があり、対馬暖流と島根冷水域・「山陰若狭沖冷水」が混ざり合います。


プランクトンや小魚などの餌が豊富なため、アジ、サバ、のどぐろ類はたっぷりと栄養を蓄え脂ののった身質になります。


「名人」と呼ばれる職人が作った干物

そして、水深300メートルから海底の存在する『日本海固有冷水』は、一年中温度0.04~1.0℃程度の低温で酸素が豊富な海域ため、海底に住むカレイ・ハタハタ等が美味しくなると言われております。


当店が「山陰の地物」にこだわる理由は素材の良さにもあります。


※鳥取県水産試験場 「平成20年度版、鳥取県海洋環境・水産資源レポート」より引用させて頂きました。

お子様からご年配までお楽しみ頂けます

「名人」と呼ばれる職人が作った干物

干物の味を決める塩は天然の「天日塩」だけを使用。

干物名人は魚のうま味を最大限に引き出す塩加減を狙います。

大量生産している会社では社員・パートさんがする事があるのですが、味を決める大事なこの作業を人任せにするなんて出来ないと名人の職人は言います。


「名人」と呼ばれる職人が作った干物

もちろん、昔ながらの手法・原材料を使用し、化学調味料など一切使用しておりません。

だからお子様からご年配の方までお楽しみ頂けます。

冷凍で長持ち お好きな時に、、、

当店の商品は 小分けにしてあります。


食べられない分は冷凍庫にしまっておけば、30日は保管できますので、お好きな時にお召し上がり頂けます。


冷凍で長持ちするので、沢山もらっても困りません。


「美味しい物を少しずつ」とおっしゃる、ご年配の方にもオススメです。

贈って喜ばれる日本の伝統食『干物』
「名人」と呼ばれる職人が作った干物

今、世界のレストランが注目しているキーワード「UMAMI(うま味)」。

「うま味」は舌だけではなく胃や腸など消化機能を高める役割があると 医療機関でも注目されています。

料理の中に「うま味」がないと、星付きレストランにはなれない。とさえ言われています。

日本人は800年間、うま味と言うものにこだわってきました。

「名人」と呼ばれる職人が作った干物

干物は縄文時代から作られ、単なる保存方法だけではなく、味が凝縮しうま味が増すことを発見し、今の時代まで研鑽を重ねたきました。

日本の伝統食「干物」 

どなた様にも喜んで頂ける贈り物です。

誰もが一度は食べたことのある食品 だからこそ、当店の干物をオススメします。

 

カレンダー
  • 今日
  • 店休日
  • 発送業務のみ

店長のご挨拶

365日干物を食べる男。
店長 齋藤(85kg)です。
徹底したこだわりの干物を、お届けいたします。
店長ごあいさつはこちら >>

『美味しい焼き方』をメルマガでご案内してます。
下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ