お盆期間中も営業しております!
12時までのご注文で即日発送いたします。

干物の食べ方

あじの干物をお作法通り食べてみる。

あじの干物を「お作法」にならい食べてみる。

あじの干物を「お作法」にならい食べてみる。_カンタンなまとめ。

1.『上身』を食べます。

2.骨を取ります。

3.『下身』を食べます。

4.残した物を頭で隠し、皿の左上にまとめます。

あじの干物を「お作法」にならい食べてみる。_詳しい解説

※右利きの方のために作ったページですが、ワタクシ左利きなので、右での箸の持ち方が美しくありません。それは寛大な気持ちで見逃して下さい。


あじの干物を「お作法」にならい食べてみる_美味しそうに焼けたあじの干物です。

美味しそうに焼けたあじの干物です。

あじの干物を「お作法」にならい食べてみる。_上身を食べます。

まずは、手前の「上身」からたべます。
身がとりにくい場合は、左手で魚の頭を押さえることはマナー違反ではありません。

あじの干物を「お作法」にならい食べてみる。_左利きの方はこんな感じ。

左利きの方はこんな感じ。

あじの干物を「お作法」にならい食べてみる。_上身を食べ終えました。

上身を食べ終えました。
続いて、下身(奥の方の身)を食べます。

あじの干物を「お作法」にならい食べてみる。_骨を折ります。

骨を折り、頭と骨を切り離します。

あじの干物を「お作法」にならい食べてみる。_骨を取ります。

骨を取り除きます。

あじの干物を「お作法」にならい食べてみる。_下身を食べます。

外した骨を皿の左上に置きます。長いままだとジャマになるので、折るとキレイです。

次に 下身(上の部分)を食べます。

あじの干物を「お作法」にならい食べてみる。_身を全部食べるとこんな感じなるはずです。

身を全部食べるとこんな感じなるはずです。

あじの干物を「お作法」にならい食べてみる。_骨をおきます。

おなかのこの部分は取りにくいので、外なら無理に食べなくてもイイと思います。
家なら、かぶりついて食べて下さい。

あじの干物を「お作法」にならい食べてみる。_食べられなかった部分(骨・ひれ)を箸で、皿の左上に集めます。

アジは皮が食べにくいのでどうしても皮が残ります。

食べられなかった部分(骨・ひれ)を箸で、皿の左上に集めます。

皮が頭から離れない場合は、皮を小さくたたみ、布団をたたむイメージで頭の下に隠します。

コレで終わりです。

お作法通り食べると、普段より味がよく分かると思いますし、気持ちが落ち着くのでオススメですよ。



カレイの干物を「お作法」通りに食べてみました。

カレイの干物を「お作法」通りに食べてみました。

カレイの干物を「お作法」通りに食べてみました。

のどぐろの干物を「お作法」にならい食べてみる。_カンタンなまとめ。

1.『上身』を食べます。

2.骨を取ります。

3.『下身』を食べます。

4.残した物を頭で隠し、皿の左上にまとめます。

のどぐろの干物を「お作法」にならい食べてみる。_詳しい解説

※私は左利きなので、撮影用に右で持った箸が不細工ですが、それは寛大な気持ちで見逃して下さい。

山陰の人ならみんな大好きえてがれいの干物です。

焼きたてを食べていきましょう!

焼きたてのカレイの干物です。

カレイの真ん中を箸で切ってやります。

カレイの真ん中を箸で切ってやります。

切れたら、羽を広げるイメージで上半分をペロッとめくってやります。

切れたら、上半分をペロッとめくってやります。

ペロッとなったら、左上から食べていきます。

ペロッとなったら、左上から食べていきます。

上半分食べ終わるとこんな感じです。

上半分食べ終わるとこんな感じです。

下半分もペロっとしてやり、左から右に向かって食べます。

次に下半分を左から右に向かって食べます。

骨をとります。
同じく、その際、魚を頭を左手で押さえても、マナー違反になりません。

骨をとります。
同じく、その際、魚を頭を左手で押さえても、マナー違反になりません。

とった骨は皿の左上に起きます。

とった骨は皿の左上に起きます。

下半分の身も左上から食べます。

皿と皮がくっついて食べつらい時もありますが、ひっくり返してはいけません。

ええ、気持ちは分かりますが、それがお作法だそうです、、、、

最後に下の身を左から右へ食べて下さい。

下半分の身も左上から食べます。

食べなかった骨・皮は左上に置いて、頭で隠すように置けば完璧です。
※写真を撮り忘れたので、ノドグロの時の写真を載せておきます、、、、(泣)

今日もごちそうさまでした。

キレイに食べると、マンガで見た魚の骨が完成です。

干物(単品)えてかれい(中)(ソウハチカレイ)山陰沖日本海産(鳥取県・島根県産)
商品ページを見る

のどぐろの干物をお作法通り食べてみる。

のどぐろの干物を「お作法」にならい食べてみる。

のどぐろの干物を「お作法」にならい食べてみる。_カンタンなまとめ。

1.『上身』を食べます。

2.骨を取ります。

3.『下身』を食べます。

4.残した物を頭で隠し、皿の左上にまとめます。

のどぐろの干物を「お作法」にならい食べてみる。_詳しい解説

※私は左利きなので、箸が左から出ている写真がありますが、それは寛大な気持ちで見逃して下さい。


のどぐろの干物を「お作法」にならい食べてみる_美味しそうに焼けたのどぐろの干物です。

美味しそうに焼けたのどぐろの干物です。

のどぐろの干物を「お作法」にならい食べてみる。_上身を食べます。

まずは、手前の「上身」からたべます。

のどぐろの干物を「お作法」にならい食べてみる。_上身を食べ終えました。

上身を食べ終えました。
続いて、下身(奥の方の身)を食べていきましょう~!

のどぐろの干物を「お作法」にならい食べてみる。_骨を折ります。

骨を折り、頭と骨を切り離します。

その際、紙ナプキンなどをを使い左手で頭を押さえながら外すと簡単です。

左手で魚の頭を押さえることはマナー違反ではありません。

のどぐろの干物を「お作法」にならい食べてみる。_骨を取ります。

骨を取り除きます。

その際、紙ナプキンなどをを使い左手で頭を押さえながら外すと簡単です。

左手で魚の頭を押さえることはマナー違反ではありません。

のどぐろの干物を「お作法」にならい食べてみる。_下身を食べます。

外した骨を皿の左上に置き、下身を食べます。

のどぐろの干物を「お作法」にならい食べてみる。_身を全部食べるとこんな感じなるはずです。

身を全部食べるとこんな感じなるはずです。
こんな風に食べれない~。とか、皮を食べるのが苦手~。とおっしゃる方。大丈夫です。

のどぐろの干物を「お作法」にならい食べてみる。_食べられなかった部分(骨・ひれ)を箸で、皿の左上に集めます。

食べられなかった部分(骨・ひれ)を箸で、皿の左上に集めます。

皮が頭から離れない場合は、皮を小さくたたみ、布団をたたむイメージで頭の下に隠します。

のどぐろの干物を「お作法」にならい食べてみる_こんな感じで美しく食べ終わりました。

こんな感じで美しく食べ終わりました。



日本に古くから伝わる「お作法」。

その起源は戦国武将が心を落ち着かせるために作った物だと言われています。

美しい所作で、美味しい物をたべお腹も満たしてくれるだけではなく、心も満たしてくれます。

実際試してみると、普段より美味しく感じられます。

また、心が乱れていると上手に食べることができません。自分の心のバロメーター代わりにもなります。

ありがとうございました。



かますの開きをお作法通り食べてみる。

カマスの干物を「お作法」にならい食べてみる。

日本に古くから伝わる「お作法」。

その起源は戦国武将が心を落ち着かせるために作った物だと言われています。

美しい所作で、美味しい物をたべお腹も満たしてくれるだけではなく、心も満たしてくれます。

実際試してみると、普段より美味しく感じられます。

また、心が乱れていると上手に食べることができません。自分の心のバロメーター代わりにもなります。

ちなみに、日本のお作法は 右利きを前提に作られています。

※本来、私は左利きなので、箸が左から出ている写真がありますが、それは寛大な気持ちで見逃して下さい。

カマスの干物を「お作法」にならい食べてみる。_カンタンなまとめ。

1.『上身』を食べます。

2.骨を取ります。

3.『下身』を食べます。

4.残した物を頭で隠し、皿の左上にまとめます。

カマスの干物を「お作法」にならい食べてみる。_詳しい解説 カマスの干物を「お作法」にならい食べてみる。_1

焼きたてのカマスの開きです。

カマスの干物を「お作法」にならい食べてみる。_上身を食べます。

まずは、手前の「上身」からたべます。

カマスの干物を「お作法」にならい食べてみる。_食べ終わるとこんな感じ。

上身を全部食べると、こんな感じになります。

カマスの干物を「お作法」にならい食べてみる。_骨を折ります。

骨を折り、頭と骨を切り離します。

この際、左手で魚の頭を押さえることはマナー違反ではありません。

カマスの干物を「お作法」にならい食べてみる。_骨を取ります。

骨を取り除きます。

カマスの干物を「お作法」にならい食べてみる。_下身を食べます。

下身を食べます。

カマスの干物を「お作法」にならい食べてみる。_残った皮は頭に隠します。

残した身や皮は頭の下に隠します。

カマスの干物を「お作法」にならい食べてみる。_食べ終わるとこんな感じです。

こんな感じに皿の左上にまとめれば、美しく食べ終わります。

以上 です。



連子鯛の干物を「お作法」通りに食べてみました。

連子鯛の干物を「お作法」通りに食べてみました。

カレイの干物を「お作法」通りに食べてみました。

鯛の干物を「お作法」にならい食べてみる。_カンタンなまとめ。

1.『上身』を食べます。

2.骨を取ります。

3.『下身』を食べます。

4.残した物を頭で隠し、皿の左上にまとめます。

鯛の干物を「お作法」にならい食べてみる。_詳しい解説

※私は左利きなので、撮影用に右で持った箸が不細工ですが、それは寛大な気持ちで見逃して下さい。

焼きたての連子鯛の干物です。

ピンク色のキレイな連子鯛の干物です。

焼きたてを食べていきましょう!

鯛のの真ん中を箸で切ってやります。

鯛の真ん中を箸で切ってやります。

切れたら、上半分をペロッとめくってやります。

切れたら、羽を広げるイメージで上半分(上身の背身)をペロッとめくってやります。

ペロッとなったら、左上から食べていきます。

ペロッとなったら、左上から、、、

右に向かって食べていきます。

右に向かって食べていきます。

次に下半分を左から右に向かって食べます。

上半分(上身の背身)食べ終わるとこんな感じです。

下の部分を開きます。その際、魚を頭を左手で押さえても、マナー違反になりません。

下半分(上身の腹身)をペロっと開きます。

同じく、その際、懐紙や紙ナプキンを使い、魚を頭を左手で押さえても、マナー違反になりません。

こんな感じになります。

こんな感じになります。

下半分の身も左から食べます。

下半分の身も左から食べます。

上半分食べ終わるとこんな感じ。

下半分(上身の腹身)食べ終わるとこんな感じ。

食べなかった(食べられない)骨・皮は左上に置いきます。

中骨をとります。

中骨をとります。


その際、懐紙や紙ナプキンを使い、魚を頭を左手で押さえても、マナー違反になりません。

っていうか、押さえないととれません。

とった骨は1/3位に折って、皿の左上に置きます。

とった骨は1/3位に折って、皿の左上に置きます。

背びれの骨と身を離してやります。

鯛は背びれの部分が食べにくいので、グイグイと背びれの骨と身を離してやります。

再び、左上から食べ始めます。

再び、左上(下身の背身)から食べ始めます。

下身の上半分を食べ終わるとこんな感じ。

下身の上半分(下身の腹身)を食べ終わるとこんな感じ。

食べられない背びれのを取り除きます。

食べられない背びれのを取り除きます。

尻尾を左手で押さえて背びれをとってやります。

残りは下身の下部分だけです。

こんな感じになります。

残りは下身の下部分(下身の腹身)だけです。

左から右へ食べて行きます

しつこいようですが、左から右へ食べて行きます。

身を全部食べ終わるとこんな感じです。

1.上身の背身
2.上身の腹身
3.下身の背身
4.下身の腹身

身を全部食べ終わるとこんな感じです。

尻尾を皿の左上に、、、

尻尾を皿の左上に、、、

今日もごちそうさまでした。

最後に全ての骨などを隠すように、頭を皿の左上にまとめて完成です。

今日もごちそうさまでした。

連子鯛の入ったセットの一覧はコチラ

催事のお知らせ

催事のお知らせ

カレンダー
  • 今日
  • 店休日
  • 発送業務のみ

店長のご挨拶

365日干物を食べる男。
店長 齋藤(85kg)です。
徹底したこだわりの干物を、お届けいたします。
店長ごあいさつはこちら >>

『美味しい焼き方』をメルマガでご案内してます。
下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ