美味しいグラムさを求めて 2016 1回目

魚は焼くと水分が飛んで軽くなります。

焼きすぎるとスカスカで軽くなり、焼きが足りないと、ボテボテの重いままです。

では、美味しい重さとは何グラムなのか?

「重さで【美味しい焼き加減】を見つける事ができるのでないか?」という説を思いつきました。

イロイロ焼いてみました。

スポンサーリンク

笹ガレイ 焼く前は101g

笹ガレイ

焼いた後は86g

笹ガレイ

連子鯛 焼く前は310g

笹ガレイ

焼いた後は269g

笹ガレイ

開きサバ(デカすぎて合う皿が無かったので、頭を取ってみました。)
焼く前は250g

笹ガレイ

焼いた後は207g

笹ガレイ

とりあえず、比較的サッパリした魚を3種焼いてみましたが、

「美味しい重さ」とは、焼く前の85%~82%の重さである。という実験結果でした。

-------------------------

ちなみに、サバのような大きくて開いてある魚はボディービルでいうところの「キレてる!」状態が美味しい焼き加減です。

焼いて10分でこんな感じなのが、、、

笹ガレイ

その5分後(焼きはじめから15分)には、身がふくれあがり、マッチョな感じになります。

笹ガレイ


スポンサーリンク



焼き方の研究をもっと見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする